2018.02.07 Wednesday

2/7(水) 前に出れば頑張れる

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:月初め恒例の「校長講話」〉
 月初めの水曜日の朝は恒例の「校長講話」があります。今日は、先日(2/4(日))行われた別府大分毎日マラソンで、終盤南アフリカの選手と抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り広げた園田選手(結果は第2位で日本人第1位)の戦いぶりとレース後のコメントを題材にして話しました。35キロも走ってきて、抜かれたら抜き返す根性の走りを何度も見せた園田選手のコメント。概要は次のようなものでした。「抜かれて、ついていこうとしたら心が折れる。だから、常に前に出て頑張ろうと思いました。」 日ごろ私たちは、必死についていく、という頑張りを考えがちですが、彼は大いにポジティブに頑張りを考えていました。これを生徒に置き換えます。「勉強しなさい」とか「服装を正しなさい」とか先生から言われて(いやいや)やっているようでは、それはついて行っているだけ(心が折れる)。自分の意志で「必要だから勉強をする」とか「基本的ルールは言われなくても守る」とか考えれば一歩前に出て気持ちよくやれるのではないか。一歩誰の前に出るか。言うまでもなく、先生たちの前に出て自分の意志で走るのですね。生徒の心に届いてくれることを期待します。
 講話の前に、1月9日に実施した校内「第16回新春百人一首大会」の表彰を行いました。反応の速さも大切ですが、百人一首をよく勉強しているかどうかが勝負の分かれ目です。日ごろ、よく勉強してくれました。おめでとう。
【団体】 優勝:1年D組   準優勝:2年F組    第3位:2年C組
【個人】 優勝:1D保坂綾音 準優勝:2D鈴木はる香 第3位:2F宿輪響海

〈写真左:団体優勝 1年D組  右:団体・個人の表彰生徒〉

2018.02.06 Tuesday

2/6(火) The Earth is our home.

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:英語研究授業  右:Short English conversation with pair work〉
 今日は1年生のコミュニケーション英語気埜Φ羲業。英語的には「It is+形容詞+that節」の構文を理解する単元でした。題材は、2011年に国際宇宙ステーション(ISS)で5か月半の長期滞在ミッションを行った古川聡宇宙飛行士のこと。宇宙から地球を見て最初は「That’s the US」や「That’s Russia」「That’s Japan」と言っていた宇宙飛行士たちが、次第に「The Earth is our home」という気持ちに変わっていったというもの。英文法を理解しながら、広い視野を持つことに気付かされる大変良い授業内容でした。生徒たちは、予習が前提で授業に臨んでいるので、大変スムーズに理解していました。
 今日の持久走は1年A組。偶然、研究授業を行ったクラスでした。生徒の違った素顔が見れる良い機会となりました。前を行く女子生徒に私が後ろから迫っていくと、「うわぁ、校長先生だぁ」とか言いながらスピードを上げてくれたりして、素直でかわいい生徒たちだとつくづく思います。男女とも、よく頑張っていました。

〈写真左:桜田門前  右:大手濠前(大手門)〉

2018.02.05 Monday

2/5(月) 知っておきたい年金の話

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:日本年金機構の方による年金セミナー 先生も受講者に〉
 今週もはじまりました。週訓は「時間に余裕を持って行動しよう」です。今週、2年生の公民科科目「政治経済」の時間は日本年金機構の方においでいただき、「知っておきたい年金の話」と題して年金セミナーを行います。初日の今日は2年E組、F組。メディアが、批判的あるいは悲観的な報道をすることが多いように思われる年金。しかし、国民年金法で規定され、世代間が支えあっていくシステムという基本的な意味と知識はしっかり理解しておくべきだと思います。外部の専門家の方からのご説明で、生徒たちも新鮮な気持ちでしっかり受講できたようでした。年金機構の皆さん、今週よろしくお願いします。
 今日の持久走は1年B組。青空が広がり、とても気持ちの良いRunとなりました。とは言っても、みんな必死に走っているので青空を楽しむ余裕はなかったかもしれません。一人の男子生徒と最後までデッドヒート(と思っているのは私だけかも)を繰り広げたのですが、最後のラストスパートで負けました。若い瞬発力はさすがです。

〈写真:今日の持久走1年B組 スタート〉

2018.02.03 Saturday

2/3(土) オーストラリア語学研修

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:オーストラリア語学研修第1回説明会〉
 本校の海外語学研修は2年間、南半球のニュージーランドで実施してきました。今年は姉妹校の附属柏高等学校と合同で、同じ南半球のオーストラリアで実施します。今日は午後、業者の方に来ていただき第1回目説明会を開催しました。8月16日〜28日(13日間)、オーストラリアのクイーンズランド州でホームステイ形式で行い、高校で学んだり、現地の大学を訪問したり魅力的なプログラムになっています。第1次申し込み締め切りは今月末です。高校生の時の異文化体験。人間的な成長や学習のモティベーションアップなど、得るものは多いと思います。費用を含め、条件が整えばぜひチャレンジしていただければと思います。

〈写真左から:説明会  オーストラリアイメージ:観光地のウルル(エアーズロック)・オペラハウス 「ウィキペディア」より〉

2018.02.02 Friday

2/2(金) 降雪

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:午前中降雪が続きました〉
 天気予報通りの降雪となりました。東京西部の方はかなり積雪もあり、警報発令によって登校待機をした生徒もいました。学校のある九段は降雪こそすれ、幸い歩道や道路への積雪にはならずに済みました。苦労して登校した生徒も多かったかと思います。お疲れさま。学校は平常授業を行いました。また、向かいにある二松學舍大学は、一般入学試験を予定通り実施しました。受験生の皆さん、雪に負けず頑張ってくさい。午後は雪もあがったので、体育は早速持久走の皇居ランに出かけました。今日は1年E組。よく頑張ってました。
 明日は午後1時から、今年8月の「オーストラリア語学研修」の説明会が予定されています。出席票をお出しになってなくて説明会だけでもという方は、当日受付可ですのでどうぞいらしてください。

〈写真左:大学は一般入試  右:教室の逆さテルテル坊主。時は持久走の季節・・。かわいい願いですね〉

〈写真:1年E組持久走 ゴール前のラストスパート〉

〈写真:朝の学校周辺 雪の薄化粧〉


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最新の記事

カテゴリ一覧

過去の記事

コメント一覧

関連リンク

二松學舍プロフィール

ブログ内検索

RSSリーダーで購読

mobile

qrcode