2016.04.23 Saturday

野球部 関東大会へ

1
学舎の窓ー校長室だよりー

進路説明会1,2年保護者会
〈写真左:3年生進路説明会(中洲記念講堂) 右:1,2年保護者会(各クラス)〉
 3年生は、進路学習の一日となりました。9時から大学の中洲記念講堂にて「進路説明会」。私の挨拶の後、(株)マイナビの方のキャリア講演会、進路部長の話でした。私からは、\績は必ず上がるから、頑張ろうと思える(行きたいと思える)目標を立てること。学年のみんながお互いの頑張りを見て頑張れる、そういう受験の「団体戦」を戦ってほしい、という話をしました。午後は、保護者の方も参加して高田馬場の会場にて「分野別説明会」。大学・短大・専門学校等から講師の方においでいただき、個々の生徒が分野別の詳しい説明をお聞きしました。親大学の二松學舍大学にも多くの生徒が集まっていました。 部活や行事など学校生活を充実させながらも、3年生は受験に向けての勉強が柱になっていく時期です。頑張って。午後、学校では今年度最初の1,2年生の保護者会が行われました。新担任の施政方針説明や情報交換、役員決め等を行いました。今年赴任した私は、顔を覚えていただこうと、教室を一つ一つ回って短いご挨拶をさせていただきました(12クラスを回らせていただきました)。保護者の皆様と協力して頑張ってまいりたいと思います。一年間どうぞよろしくお願いいたします。
分野別進路説明会二松學舍大学ブース
〈写真左:分野別説明会 右:分野別説明会・二松學舍大学ブース〉
 野球部は午前10時から神宮第2球場で、春季都大会・準決勝。前半の連続したピンチを粘り強くしのいで、後半は打力が爆発し8−4で勝利しました。ホームランが3本も飛び出しました。これで関東大会出場が決まりました。明日は、11時から同球場にて決勝戦となります。選手が頑張り、スタンドも野球部保護者や一般保護者の皆様、OB、応援3部(応援団、チア、吹奏楽部。3年が進路学習があったので、1,2年中心)の生徒等が熱い声援を送りました。心のこもった応援はまさに「チーム二松學舍」でした。
スタンドからマウンド集合
力投勝利!
応援・吹奏楽部応援・野球部保護者会
〈写真上4枚:野球部の躍動 下2枚:熱い応援の吹奏楽部・野球部保護者会〉

2016.04.21 Thursday

言葉

1
学舎の窓ー校長室だよりー

募金活動募金活動
<写真は朝の募金活動>
 予定通り今朝から「熊本地震募金活動」が始まりました。登校時、生徒会やボランティア部の生徒たちが募金箱を持って、校門(校ドア)で呼びかけてくれました。私も早速協力させていただきました。みんなの思いがたくさん集まると良いと思います。募金活動は朝と昼休み、土曜日まで行われます。
 本校の誇る先生方の言葉を二つ紹介します。一つは今日発行の1年クラスの学級通信から。「初めて出会う人のことを本当に理解し、本心を知るには高校3年間分の時間を費やしたとしても十分ではないかもしれません。それは、皆さんが育ってきた環境があまりにも違いすぎるからなのです。(中略)その家の「当たり前」が、他の家にとっては当たり前でないことが多々あるのです。(中略)「焦らずゆっくり」学校生活を送って欲しいと思います。」中学校とは異なり、広範な地域から集まってきた多様な個性が出会う高校一年生。その心情を深くしみじみと理解し、優しく呼びかけてくれているように思います。もう一つは、小冊子に掲載された本校野球部監督の言葉。「最後に勝つのは、心のやさしい人だ。逆にそれがなかったら、勝つことに意味がなくなってしまう。11度目の決勝戦で夏甲子園を決めたが、10回負けたことは二松學舍の誇り。負けることは恥ずかしいことではない。自分たちは何度負けても、はい上がれる力がある。恥ずかしいのは負けを受け入れず、自分にうそをつくこと。山を越えるとさらに高い山がみえてくる。次の目標は日本一だ。」(『月刊高校野球』の「CHARGE!」東京版より)10度の決勝敗戦を乗り越えた人が持つ、突き抜けた心境が語られています。10度の敗戦は二松學舍の誇り、という言葉の持つ深い意味に感動させられました。この監督の下で育つ選手たちの活躍が本当に楽しみです。明後日の土曜日は、春の都大会・準決勝です。頑張って。

2016.04.20 Wednesday

熊本震災義捐金

1
学舎の窓ー校長室だよりー

ボランティア清掃募金活動
〈写真左:ボランティア清掃 右:募金ポスター〉
 今日は3年生がボランティア清掃の日。朝7:50までに登校して15分ほど学校周辺の道路脇のゴミ拾いをし、日頃お世話になっている通学路をきれいにしました。3年生の70%近い171名が参加しました。すごい参加率です。人数が多いので、サラリーマンの方の通勤の邪魔にならないよう気を配りながらです。1.2年生も別の日に設定されていて、各学年、学期に2回ほど行う取り組みです。
 熊本地震。今なお余震が続き不安な中で困難な生活を強いられている被災地の皆様へ、生徒会とボランティア同好会合同で募金活動が始まります。明日21日(木)から3日間、募金箱が用意されて生徒・教職員に義捐金が募られます。関係生徒の素早い対応に感謝です。集まった善意は新聞社を通じて現地に送られる予定です。お亡くなりになられた方には心よりお悔やみ申し上げます。また、被災地の皆様には、余震が収束し早く日常生活が戻られることをお祈りいたします。
今日の部活見学は、男子バスケットボールの朝練。7時に集合しての朝練は、シュート練習に余念がありませんでした。キャプテンから「もう少し広い体育館、何とかなりませんか」とお願いされました。九段という場所柄難しいのが現状ですが、一生懸命な気持ちが伝わってきてうれしい申し出でした。5月にはインターハイ予選。困難な条件の中頑張っている選手に、勝利の女神もほほえむと思います。頑張って。
ボランティア清掃男子バスケ朝練
〈写真左:ボランティア清掃 右:男子バスケット部朝練〉

2016.04.19 Tuesday

通学路

0
    学舎の窓ー校長室だよりー

    靖国神社の八重桜千鳥ヶ淵の葉桜
     〈写真左:靖国神社の八重桜 右:千鳥ヶ淵の葉桜〉
    爽やかな青空に誘われて、昼休みに学校を出て生徒の通学路周辺を少し歩きました。靖国神社の桜はほぼ散り、新緑に変わり始めたところでした。それでも、わずかに残る八重桜が緑の中で淡いピンクに輝いていました。また、千鳥ヶ淵を彩って、たくさんの観光客を集めた見事な桜もすっかり葉桜に変わっていました。お堀の水が日の光を受けてキラキラ輝いていました。新緑の季節に向かう美しさにあふれていました。生徒達は、朝・夕、この景色の中を通学するのだなと改めて思いました。季節ごとに姿を変える豊かな自然が、生徒の心にきっと美しく穏やかなものを生んでいるのだと思います。
    本校には運動系15、学芸系19、合計34という、大変たくさんのクラブ(部)があります。体育室や教室等をやりくりしながら、みんな頑張っています。2つの部の活動を見ました。合気道部は来月演武会が、チアリーダー部は今週末野球応援があります。
    合気道部チアリーダー部
    〈写真左:合気道部 右:チアリーダー部〉

    2016.04.18 Monday

    ミニコンサート

    1
    学舎の窓ー校長室だよりー

     学校の立地が余りに都心にあるため本校は体育施設に制約はありますが、様々に工夫して体育の授業を行っています。今日の2年A組の体育は、男子が地下2階の体育室でバスケットボール、女子は大学の体育館でバレーボール。どちらも十分な広さとは言えませんが、その中でも生徒は一生懸命汗をかいていました。昼休み。新入生への募集活動の一環として、1階ホールにて吹奏楽部のミニコンサートがありました。野球応援用の曲を3曲演奏してくれました。観客も多く充実の昼休みとなりました。たくさん入部するといいですね。 週末の部活動結果。男子バスケットボール部は関東大会予選。二松學舍61―95都立松原。頑張ったけれど勝ち上がることはできませんでした。次はインターハイ予選になります。3年生にとっては最後の大会。頑張って。
    高校校舎男子バスケットボール
    大学2号館 体育館女子バレーボール
    ミニコンサートミニコンサート
    〈写真左上から 校舎(地下2階が体育室)・男子バスケット・大学2号館(4階が体育館)・女子バレー・ミニコンサート・ミニコンサート〉


    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    最新の記事

    カテゴリ一覧

    過去の記事

    コメント一覧

    関連リンク

    二松學舍プロフィール

    ブログ内検索

    RSSリーダーで購読

    mobile

    qrcode