2018.02.17 Saturday

2/17(土) 校内予備校

1
学舎の窓ー校長室だよりー


<写真:「H30年度「学び舎」体験授業会 於:大学教室>
 本校は通常の授業以外に、生徒の学力向上目指して様々な取り組みを行っています。先生方の、放課後個別補習、夏・冬休みの特別講習会、夏休みの「私塾」、勉強合宿、英語合宿、英検・漢検奨励(小テストや面接練習)等々。それに加え、「学び舎(まなびや)」と名付け、現役予備校講師の方にお願いして、いわゆる「校内予備校」を行っています。3年生はつい先日の1月下旬まで入試直前講習を行っていました。今度は新2年生がこの春休み前から平成30年度の学び舎が始まります。それに先立ち、今日と来週土曜日の2日間を使い「お試し授業」と銘打って、英数国(現・古)の3教科4科目の体験授業会が行われます。今日は、大学教室もお借りして、古典(58)・数学(18)・英語(76)の3科目で体験授業を行いました( )内は人数。英語は学年全体の実に約31%。生徒のやる気を感じます。古典と英語の授業を見させてもらいました。両先生とも生徒たちを良くひきつけ、また生徒たちも自分で選んできているだけあって大変熱心でした。
 正式な申し込みのあと、早速3月14日から春期講習が始まります。プラスアルファの学習に、たくさんの生徒に参加してもらいたいと思います。

<写真左:英語  右:古典>

2018.02.16 Friday

2/16(金) 限界突破

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:限界突破に向けてスタート 今日は1年F組〉
 来週は水曜日に3年生の「卒業を祝う会」、木曜日に1,2年生の「持久走大会」と続きます。年度末あるいは長かった冬の終わりを感じる週になります。
 冬場の集大成である持久走大会に向けて、体育の持久走(5kmの皇居ラン)も最後になってきました。私自身も1,2年12クラス全部で一緒に走って盛り上げようと考えてきましたが、なかなか日程が取れず、現在10クラス目。今日も気持ちの良い晴天のもと、一生懸命走る生徒たちの清々しい姿を見ることができました。このところ終盤に、抜きつ抜かれつで男子生徒と競る(せる)ことが多く、今日もそうでした。私がラストスパートで敗れたその男子生徒。ゴール後「初めて23分台を出せました」と、競ったことで記録が伸びた喜びを語ってくれました。彼の限界突破に、一役買えたのかもしれません。また、女子生徒の一人は自己記録を6分も更新しました。限界って、心の中にあるだけで、実はあるようでないと思っています。限界を広げていく、伸ばしていくという姿勢がいいですね。持久走大会が楽しみです。

2018.02.15 Thursday

2/15(木) 英会話個別 lesson

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真左:今日の英会話個別 lesson 右:2年女子体育  来週は持久走大会です〉
 現在本校には2名のALTの方がおり、それぞれ日本の英語の先生とともに担当クラスでネイティヴ発音でレッスンをしてくれています。一方、意欲的な生徒には英会話の練習に気軽に応じてくれています。家庭学習に入っている3年生が連日登校し、一人のALTの先生と英会話レッスンを行っています。学校が用意した教育環境を最大限に活用することは積極的でとても良いことです。レッスンを聞いていると、かなりのレベルでした。これから楽しみです。レッスン中に私から「Excuse me. Can I take a picture of this lesson?」 もちろん英語の返事が返ってきました。頑張って。

2018.02.14 Wednesday

2/14(水) 心肺蘇生

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真左:登校する生徒とボランティア清掃へ出る生徒 右:1学年集会 於:中洲記念講堂〉
 早朝の清掃ボランティア、今日は1年ABC組が担当で77名の参加がありました。冬晴れの朝、ごみ袋をもって、凛とした空気の九段界隈に出発していきました。1年生は1時間目大学の中洲記念講堂にて2年次コース選択関係の話を聞く学年集会。入学式がついこの間のような気がしますが、いよいよ一年が終わりに近づいているのだと実感します。
 今日の研究授業は、体育のベテランの先生による1年生の保健の授業。「心肺蘇生法」の単元でした。上半身の模型人形やAEDそのものを教室に持ち込んでの実物教育で、生徒も興味をもって学んでいました。知識や技術等いろいろ学びましたが、さすがにベテランだと感じたのは、この授業で何を一番教えたいかと言うことが明確だったことです。それは、行動が大切だということです(本校の建学の理念「知行合一」も出ました)。突然の現場で「勇気」をもって臨む。そのために必要な具体的知識と情報がたくさんありました。聞いていて、これなら私も勇気をもって臨めると感じました。生徒も同様だったと思います。さすがでした。

〈写真:研究授業「保健」 心肺蘇生法 模型を使い、机を使い、で実感〉

2018.02.13 Tuesday

2/13(火) ペアワーク

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:ペアワーク 左:英語  右:国語〉
 生徒が2人で、読みと聞くあるいは質問と回答のように、交互に役割をもって行う学習方法をペアワークと呼びます。主に英語の授業で行われていますが、アクティブラーニングと言う学び方が求められ、今は様々な教科で用いられています。
 今日は2年生の英語と国語で研究授業があり、どちらにもペアワークが設定されていました。英文を読み合い、国語の評論文を読みあい、生徒たちはそれぞれよく声を出していました。2年C組の授業は「コミュニケーション英語供廖坂本龍馬について英語で学ぶ単元。 2年A組では「現代文」の評論「いのちのかたち」。こちらは、人のいのちは、人との関わりの中でこそ存在感を増して輝く、と言う主旨の内容でした。

〈写真:研究授業 左:英語 右:国語〉


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最新の記事

カテゴリ一覧

過去の記事

コメント一覧

関連リンク

二松學舍プロフィール

ブログ内検索

RSSリーダーで購読

mobile

qrcode