2018.06.07 Thursday

6/7(木) Start from here

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:代議員会〉
 昨夕、各クラスの代表で構成される第3回代議員会が開催されました。議題は二松祭のテーマです。生徒の投票の結果、本年度の二松祭のテーマは「平成最後の二松祭〜Start from here〜」に決まりました。全クラスから持ち寄ったテーマ案から、1年G組のものが採用されました。
 文化祭(9/29、30)に先立つ9/21(金)は、本校の学校創立70周年記念式典。来し方行く末の節目であるとともに、未来に向けてのStart from hereの日(地点)でもありたいと思います。その意味でも、まさにタイムリーなテーマだと思います。来年5月1日には新天皇陛下が即位され元号も改元される予定ですから、今秋文化祭はほんとに「平成最後」となります。生徒数が大幅に増えて色々変化と工夫が必要になりますが、頑張っていい文化祭にしましょう。

2018.03.31 Saturday

3/31(土) 英語合宿 終了

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:英語合宿〉
 3泊4日の勉強合宿が今日終わりました。新3年生の希望者で実施しましたが、参加生徒たちはよく頑張りました。最後に書いてもらった感想文を読むと、限界を超えることができた、自分に向き合えた、友達がいたから頑張れた、教わったことのない英語科の先生方と仲良くなれた等々、前向きで手応えのある合宿だったことが伺えました。この経験を明日から始まる平成30年度、つまり受験の年度のモティべーションと学習リズムにつなげていってほしいと思います。生徒、先生方、本当にお疲れ様。
 以下、教科主任の神戸先生より合宿の写真と報告です。

 【英語科より英語合宿のご報告 その2】
 4日間のスケジュールをすべて終え、まもなく閉校式となります。合宿後半では先生と生徒がチームを作り、テストの成績を競い合うチーム対抗戦や各グループが決められた範囲からテストを作り、相手グループがそれを解いて点数を競うグループ学習など協力して学ぶことも経験してもらいました。


≪サクラ通信9≫

〈写真:合宿したホテルとサクラ 休憩時間。缶詰めで頑張る生徒たちの目と心を癒してくれました〉

2018.03.20 Tuesday

3/20(火) 九段フィールドワーク

1
学舎の窓ー校長室だよりー


<写真:歓迎二松學舍大学附属高等学校 東証アローズ>
 今日はフィールドワーク当日。あいにくの小雨模様の天気でしたが、みんな元気に学校からフィールドワークに出ていきました。たくさんの生徒が九段界隈に出るため、訪問先のキャパ等を考慮して午前は2年生、午後は1年生と2つに分けて実施しています。生徒たちは各訪問先でそれぞれ貴重な体験や見学をしてきました。特許庁を訪れたある生徒は、食品のM社と薬品のM社のロゴがほぼ同じで問題がないかどうか質問してきたそうです。両M社は私たちがよく知る会社で、指摘されてなるほどと思いました。有意義だった様子がよくわかります。
 各学年の訪問先は、2年生:読売新聞社、防衛省市ヶ谷駐屯地、東京地方裁判所、特許庁、東証アローズ(東京証券取引所の情報提供スペース)。1年生:警視庁、国会議事堂、漱石山房記念館、気象科学館、防衛省市ヶ谷駐屯地、靖国神社(遊就館)、東京地方裁判所、毎日新聞社、でした。
 休日を挟んで明後日は学んだことをまとめていきます。物事は起承転結が大切です。以下、東証アローズと防衛省へ引率した先生の報告です。

〈永井先生〉東証アローズへ行きました。施設見学の後に株式のレクチャー、また本日一部上場した会社の式典を見ることができました。

<写真:東証アローズにて>

〈外ノ岡先生〉防衛省、市ヶ谷記念館へ行きました。東京裁判が行われた大講堂、三島由紀夫が暴れてつけた刀傷、防衛装備品の展示、歴史的展示物の数々、VTRで振り返る市ヶ谷の歴史、活躍する女性自衛官のインタビュー映像など、大変に興味深い内容が盛りだくさんででした。

<写真:防衛省市ヶ谷駐屯地>

2018.02.22 Thursday

2/22(木) 第14回校内持久走大会

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:桜田門前をスタート〉
 常に小雪がちらつくあいにくの天候の中でしたが、小雨決行の方針通り第14回校内持久走大会を行いました。スタート地点の桜田門まで歩きで移動し、記録別に分けた男女3グループ合計6グループが3分の時間差でスタートしました。今年から始めた、皇居周辺の歩道の広さに配慮した工夫です。足を痛めた生徒などが数名いましたが、ほぼ全員が元気に完走しました。一昨日の「学舎の窓」でお伝えしたように、私とALTのジェイコブ先生も「Our students run seriously, so let's do our best too.」という二人の事前申し合わせ通り、生徒と一緒に一生懸命走り、無事完走しました。何人もの保護者の方にも寒い中応援に駆けつけていただき、頑張る生徒たちの姿を見ていただきました。本当にありがとうございました。大人に元気をくれる生徒の走りでした。
 小雪舞う中、白い息を吐き頬を赤く染めて走る生徒たちを見て、清々しい逞しさを感じました。自然の試練にも負けず、よく頑張った持久走大会になりました。風邪をひく生徒が出ないことを祈ります。みんな、お疲れさま。

2017.12.07 Thursday

12/7(木) 期末考査2日目

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:冬期講習会の申し込み〉
 第2学期末考査2日目。日程は、1年:コミュニケーション英語機数学A・情報、2年:化学基礎(理系は化学)・現代文・家庭基礎、3年:倫理(理系は数学掘法実践英語(体育コースは数学供法1年のコミュニケーション英語気蓮ALTが放送で英文を読むリスニングテストも行いました。11時半にはすべて無事終了しました。また、今日から冬休みの冬期講習会の申し込みが始まり、テスト後、帰りがけに多くの生徒が申し込みをしていました。
 今、普段は入ることのできない皇居・乾(いぬい)通りが10日(日)まで一週間ほど一般公開されています。坂下門から宮内庁庁舎の前を通り、日本武道館側の乾門を抜ける約750mの紅葉の並木道です。一般公開は、天皇陛下が平成25年12月に80歳になられたのを記念し26年4月から実施してきて、昨年は通りの植え替え等があったため今回は約1年半ぶりの開催となりました。生徒が下校した昼休み、ちょっと足を延ばして歩いてみました。乾通りから見る景色は、江戸時代にタイムスリップしたかのようで、武士が出てきても不思議ではないほどでした。明治時代に入ったとき、江戸城跡が皇居となり、周辺の旗本屋敷や藩邸が多くの学校や大使館・公園等になりました。二松學舍もその一つと言えます。それから150年。今や巨大なビル群となった周辺と異なり、皇居乾通りは江戸時代がそのまま残る歴史通りでした。

〈写真左:厳重な持ち物検査 右:坂下門を入ってすぐの宮内庁庁舎〉

〈写真:局門 江戸城時代は大奥女中用の通用門として利用されていたそうです〉

〈写真右:道灌堀 江戸城はもともとは麹町台地の東端に太田道灌が築いた平山城だそうです〉

〈写真:乾門 門の外は北の丸公園の紅葉〉


カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最新の記事

カテゴリ一覧

過去の記事

コメント一覧

関連リンク

二松學舍プロフィール

ブログ内検索

RSSリーダーで購読

mobile

qrcode