2018.02.22 Thursday

2/22(木) 第14回校内持久走大会

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:桜田門前をスタート〉
 常に小雪がちらつくあいにくの天候の中でしたが、小雨決行の方針通り第14回校内持久走大会を行いました。スタート地点の桜田門まで歩きで移動し、記録別に分けた男女3グループ合計6グループが3分の時間差でスタートしました。今年から始めた、皇居周辺の歩道の広さに配慮した工夫です。足を痛めた生徒などが数名いましたが、ほぼ全員が元気に完走しました。一昨日の「学舎の窓」でお伝えしたように、私とALTのジェイコブ先生も「Our students run seriously, so let's do our best too.」という二人の事前申し合わせ通り、生徒と一緒に一生懸命走り、無事完走しました。何人もの保護者の方にも寒い中応援に駆けつけていただき、頑張る生徒たちの姿を見ていただきました。本当にありがとうございました。大人に元気をくれる生徒の走りでした。
 小雪舞う中、白い息を吐き頬を赤く染めて走る生徒たちを見て、清々しい逞しさを感じました。自然の試練にも負けず、よく頑張った持久走大会になりました。風邪をひく生徒が出ないことを祈ります。みんな、お疲れさま。

2017.12.07 Thursday

12/7(木) 期末考査2日目

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:冬期講習会の申し込み〉
 第2学期末考査2日目。日程は、1年:コミュニケーション英語機数学A・情報、2年:化学基礎(理系は化学)・現代文・家庭基礎、3年:倫理(理系は数学掘法実践英語(体育コースは数学供法1年のコミュニケーション英語気蓮ALTが放送で英文を読むリスニングテストも行いました。11時半にはすべて無事終了しました。また、今日から冬休みの冬期講習会の申し込みが始まり、テスト後、帰りがけに多くの生徒が申し込みをしていました。
 今、普段は入ることのできない皇居・乾(いぬい)通りが10日(日)まで一週間ほど一般公開されています。坂下門から宮内庁庁舎の前を通り、日本武道館側の乾門を抜ける約750mの紅葉の並木道です。一般公開は、天皇陛下が平成25年12月に80歳になられたのを記念し26年4月から実施してきて、昨年は通りの植え替え等があったため今回は約1年半ぶりの開催となりました。生徒が下校した昼休み、ちょっと足を延ばして歩いてみました。乾通りから見る景色は、江戸時代にタイムスリップしたかのようで、武士が出てきても不思議ではないほどでした。明治時代に入ったとき、江戸城跡が皇居となり、周辺の旗本屋敷や藩邸が多くの学校や大使館・公園等になりました。二松學舍もその一つと言えます。それから150年。今や巨大なビル群となった周辺と異なり、皇居乾通りは江戸時代がそのまま残る歴史通りでした。

〈写真左:厳重な持ち物検査 右:坂下門を入ってすぐの宮内庁庁舎〉

〈写真:局門 江戸城時代は大奥女中用の通用門として利用されていたそうです〉

〈写真右:道灌堀 江戸城はもともとは麹町台地の東端に太田道灌が築いた平山城だそうです〉

〈写真:乾門 門の外は北の丸公園の紅葉〉

2017.12.03 Sunday

12/3(日) 合宿生活

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:Tバッティング〉
 期末試験前の日曜日ですが、通年で柏の合宿所で合宿生活を送る野球部は、勉強時間も確保した上で特別練習期間となります。合宿生活はホテル生活ではないので、様々な準備や後片付け、洗濯・掃除などみんな自分たちで分担しながらとなり、野球以外にも大切なことを学びながらの生活です。また、それが野球に生きてくるのだとも思います。
 今日は小春日和と言える穏やかな晴天になり、午前中様々な組み合わせでトレーニングを行っていました。みんなシーズンオフの間に力をつけてレギュラーを狙おうと、真剣かつ必死に取り組んでいました。また、プロや大学で野球を続ける3年生4人が、同じく合宿生活を送って後輩の面倒を見つつ自分たちの練習を頑張っていました。
 練習は午前中で終了し、午後は何時間も勉強漬けになるとのことでした。頑張れ。

〈写真:後輩の面倒を見つつ練習に励む4人の3年生〉

〈写真:守備にも磨きをかけている永井くん 今月中旬に広島カープと正式契約の予定です〉

2017.10.08 Sunday

10/8(日) 読売巨人・大江竜聖投手

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:大江投手 写真は読売巨人軍提供〉
 野球部の秋の大会・都大会1回戦は明日。昨日の雨のため試合開始時間が変更になり、午後2時からとなりました。球場は変更無く、町田市小野路球場です。選手の皆さん、頑張ってください。その野球部を、今春卒業してプロ入りした先輩・大江竜聖さんも初めてのレギュラーシーズンが終了しました。イースタンリーグで大活躍し来シーズンの1軍入りが期待され、二松野球部の現役選手たちの励みになっています。
 この分野での広報担当の千葉先生が巨人軍広報と連絡を取り、貴重な写真をいただきました。千葉先生の撮ってくれた写真、報告文とともに以下に掲載させていただきます。読売巨人軍の皆様、ご協力ありがとうございました。

 プロ野球のセントラル・リーグは10月6日(金)にレギュラーシーズンの全日程をほほ終了し(雨のため1試合残りました)、あとはクライマックス・シリーズと日本シリーズを残すのみとなりました。また、10月7日(土)にはファーム日本選手権の日程も終了しました。
 今年3月1日に本校を卒業し、読売巨人軍に入団した大江竜聖君も実り多き入団1年目のシーズンを終えました。大江君は、イースタン・リーグで12試合に登板(全て先発)し、4勝をあげ(3敗)、防御率2.30の成績を残しました。公式戦のデビューは5月20日(土)の横浜DeNAベイスターズ戦で、3回を2安打無失点に抑え、7月11日の北海道日本ハムファイターズ戦では、6回を3安打無失点9奪三振の力投で公式戦初勝利。8月23日の東京ヤクルトスワローズ戦では、念願の東京ドームのマウンドに立ち、6回を3安打1失点に抑え、ヒーローインタビューも受けました。この1年間で得た貴重な経験を生かして、来年は更なる飛躍を期待します! 大江竜聖投手頑張って下さい! 皆さんも大江投手に熱い声援を宜しくお願い致します!

〈写真:千葉先生撮影〉

〈写真左:読売巨人軍提供  右:千葉先生撮影〉

2017.09.18 Monday

9/18(月) 野球部 快勝で本大会出場へ

1
学舎の窓ー校長室だよりー

 本日は高校野球秋の大会予選2回戦。本校は東海大菅生高校グランドにて、都立東村山高校と対戦し10−0の5回コールドで勝利しました。都立高校を相手にして、油断することなくしっかりと戦えました。甲子園大会が8月中旬まであった関係で、正式な新チーム編成が他校より遅れたことは事実ですが、選手たちの努力と伝統の力とで早くも二松學舍らしいチームとなってきているようです。
 これで本大会への出場権を獲得しました。この後各ブロックの代表校決定を待って、本大会抽選は10月2日(月)、大会は週末の10月7日(土)からとなります。来春の甲子園出場目指して、まずは一歩一歩着実に勝ち上がってほしいと思います。

 直接試合の応援に行っていただいた篠田先生から報告が、小門先生から写真が届きました。以下掲載します。会場校の東海大菅生高校の野球部には、台風通過後の緩んだグランドを一生懸命に整備していただくなど、たいへんなご苦労をしていただいたようです。本当にありがとうございました。


〈写真:1年生バッテリーが5回を完封しました〉
 台風通過後の秋晴れのもと、グランド整備で予定より30分遅れてに試合開始でした。
 一昨日の1回戦・東海大菅生高校との試合のような緊張感はそれ程見られず、都立東村山高校相手に二松学舎の持ち味の「全員野球」を見せてくれました。1年生バッテリーの呼吸もよく、初回に先制点をとり、3回2巡目の一番バッターの三塁打から始まり、満塁ホームランで一気に加点しました。その結果、10−0の5回コールドで圧勝しました。今回も野球部保護者の皆さんや卒業生たちがたくさん駆けつけての応援をいただきました。
 この試合の結果、第5ブロックB組の代表に決まり、10月2日の秋季東京都大会抽選会を経て、本大会に臨みます。

〈写真:東海大学菅生高校野球部のみなさん ありがとうございました〉


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最新の記事

カテゴリ一覧

過去の記事

コメント一覧

関連リンク

二松學舍プロフィール

ブログ内検索

RSSリーダーで購読

mobile

qrcode