2020.05.23 Saturday

5/23(土) 秘密のワード

0
    学舎の窓ー校長室だよりー

     遠隔授業を行って2週間目が終わります。多くは、M社のリアルタイム授業支援アプリを使って動画とワークシートの組み合わせで行っていますが、教科の特性等を踏まえ先生方の様々な工夫が生まれていました。ワークシート上に先生が所々に張り付けた音声解説の中に、いくつか「秘密のワード」が入っていて、最後まで聞くとそれらをつなぎ合わせて意味のある言葉になる、というクイズ的な手法(解説を最後まで聞きたくなります)。コミュニケーション英語では、生徒が提出する課題が、生徒自身が吹き込んだツーセンテンスの英語の発音。英語ならではの課題で「双方向」らしい取り組みになっています。ただし、たくさんの生徒の発音を一人一人チェックしてコメントを入れるというのは膨大な作業となります。丁寧な指導に感謝です。何人もの先生が使っているのが「付箋機能」。国語や英語のワークシート上のQ&Aで、回答の単語などに予め付箋が被せられていて、生徒が自分で答えた上ですぐに付箋をめくって確認できるものです。優れもののアプリ機能だと思います。生徒たちはタブレット画面を見ながらの「遠隔教育」ですが、先生方の様々な工夫と努力によって、学習モティベーションが高められていると思います。
     一方、受験に向け最終学年になった3年生は、希望者による校内予備校講座(学び舎)が先週からオンラインで開講され、こちらも2週間が終わります。学校の遠隔授業が終わった、夕方15:20から80分の講座です。今年度は、現代文37、古典28、英語56、数学12の延べ133名の3年生が頑張っています。コロナ禍の影響を受け大学受験の日程や内容に不透明さがなくはありませんが、考えても仕方のないことは置いておき、今は実力をつけるのみです。頑張ってください。
     緊急事態宣言解除の方向性が語られだし、ようやくトンネルの出口である学校再開の明かりが見えてきました。すぐに次のトンネルにまた入らないよう「新しい生活様式」を意識しながら、生徒も先生方も来週も遠隔授業に頑張っていきましょう。

    〈写真左:生徒の音声課題が出題される英語 右:映像ならではの字幕スーパーが流れる国語〉

    〈写真:付箋機能の活用 左:国語 右:英語〉

    〈写真:校内予備校講座(学び舎)はZ社のWeb会議アプリを使ったオンライン授業で〉

    2020.05.21 Thursday

    5/21(木) NISHOISM

    0
      学舎の窓ー校長室だよりー


      〈写真:出来上がった今年の「学校案内」とPRポスター〉
       今年度の本校の「学校案内」ができました。今年度は、遠隔授業で力を発揮しているiPadのことや、卒業生のメッセージページに大学生に加えて3人の現役プロ野球選手の写真とコメントが載っていること、そして実務的なところでは国や都道府県の授業料支援の制度充実や本校が手厚くした特待生制度の変更等が、新たに加えられたり強調されたりしています。
       「学校案内」のタイトルは「NISHOISM」。今自宅で頑張っている二松生と、それを一生懸命支える先生方を思い浮かべます。アットホームな校風の中で、のびのびとそして凛として「心を育て 学力を伸ばす」教育を行うこと。それが我がNISHOISMです。例年であれば校外での進学相談会が行われる時期になっていますが、現在はまだ開催が難しい状況です。進学先として本校に興味をお持ちの受験生の皆さん、HPから「資料請求」していただければご自宅にお届けします。また、来週土曜日(5/30)のヴァーチャル(オンライン)学校見学会も本校HPからの予約となっています。あわせまして、NISHOISMの二松学舎大学附属高等学校。どうぞよろしくお願いします。

      2020.05.20 Wednesday

      5/20(水) 第2弾 元気に Stay Home

      0
        学舎の窓ー校長室だよりー


        〈写真:第2弾「元気に Stay Home」ー卓球ラリー編ー〉
         遠隔授業第2週も順調に半ばまで来ました。生徒も先生方もとてもスムーズに行えるようになってきているようです。1年生も、今週から先輩たちが使っているリアルタイムの学習支援アプリを活用するようになりました。
         そんな折、体育科の先生方より生徒向けに、縄跳びの学習課題とともに「元気にStay Home」第2弾が配信されました。今回は、軽快に交代しながらラリーを続ける卓球の映像と、2種類のエクササイズ(運動)で構成されています。エクササイズは、時間こそ短いものの大変運動量あるいは運動強度が大きいそうなもので、イントラ役の先生方も相当頑張ってくれている様子が画面を通じて伝わってきます。主任の先生に聞けば、縄跳びも卓球も、何度も取り直しさらに編集を繰り返して完成しているそうです。先生方のこの努力の気持ちが生徒に伝わり、もうしばらく「元気にStay Home」に頑張ってくれることを期待しています。

        〈写真:エクササイズ動画画面より〉

        〈写真:リアルタイム学習支援アプリの使用案内画面 3学年そろって使えるようになりました〉 i

        2020.05.19 Tuesday

        5/19(火) 制服

        1
        学舎の窓ー校長室だよりー


        〈写真:制服  本校HPより〉
         1年生の今日のオンラインHRは、制服着用で行いました。男子は伝統的な“学ラン”、女子はグリーンをポイントにしたセーラー服が本校の制服。家で試着はしても、まだ一度もみんなに見てもらうことがかなわない制服姿。今日は、タブレットの画面の中ですが初のお披露目となりました。担任の先生方にお聞きすると、予告してから生徒達がとても楽しみにしていたとのこと。嬉しかったと思います。制服を着て登校できる日が待ち遠しいですね。常に、生徒のために何がしてあげられるだろうかと考え続ける先生方のナイスアイデアでした。
         遠隔授業とは別に先生方はタブレットを使って生徒とたくさんのコミュニケーションを行っています。今日の制服HRの感想も生徒達からたくさん寄せられることでしょう。一方、先生からは、事務連絡もあれば、生徒を激励する文章があったり、勇気がわく記事や動画の紹介があったりもします。そんな中、一昨日1年生のあるクラスの若い担任の先生が生徒に配信した一文を紹介します。
         近頃読んだ『サイラス・マーナー』(ジョージ・エリオット著 小尾芙佐訳 光文社2019)と言う小説の中で、サイラス・マーナーの近所のおばさんがマーナーに言った言葉「…そう、この世に災いというものはあるし、それが正しいかわからないことも沢山ある。まあ、私たちがしなければいけないのは信じるってことだね…(略)」を引用しつつ、次のように生徒に呼びかけます。

         「災いもあるが正しいと思ったことを信じるしかないというこの言葉は、まさに今の私たちにもあてはまる言葉だと、私は思いました。皆さんはコロナの影響で卒業式や入学式が出来なかったり、学校に行けない遊びに行けないと不本意な生活を強いられています。また、現在の3年生には部活の引退試合の機会を失ってしまった人もいます。ただ、そうした災厄の中でも、希望を持って、自分が置かれた環境の中で出来ることをやることしかないのだと思います。コロナだけでなく、日々暮らしていると不本意なことや上手くいかないことは沢山あります。ただ、最後に残る選択肢は、諦めるか、希望を持ち続けるかのどちらかなのではないでしょうか。自分が思うほどに毎日が進まなくても、やれることを続けていく。未来を信じていく。そのようにして、皆さんには日々を過ごして欲しい思っています。そして、私自身もそうでありたいと願っています。
         それでは、長文失礼しました。良い1日をお過ごし下さい!」

         未来を信じること。力強い励ましに、制服を着ることを楽しみにしている生徒達が勇気づけられることを願っています。

        2020.05.16 Saturday

        5/16(土) 校歌

        1
        学舎の窓ー校長室だよりー


        〈写真:久しぶりの雨の中の本校〉
         久しぶりの雨が降りました。新型コロナウィルスは高温多湿に弱いかも、という説を聞きます。真偽のほどは不明ですが、自粛生活の成果に加え、梅雨に向かう季節的にもコロナ禍が収まってほしいと心底思います。
         遠隔授業を行って今日で1週間。受講する生徒たちも、授業準備・配信・課題チェックをする先生方も初めてトライする1週間でした。生徒はよく頑張りました。大変お疲れ様。また、先生方も様々な遠隔授業の手法にトライし、特に作成動画に関しては教科の特性も出して様々に工夫し、課題チェックという毎日大量に行う作業もよく頑張っていただきました。本当にありがとうございます。
         1年生は、1度も学校に登校することなく手探りで遠隔授業にトライしてきましたが、その習熟度の素早さは大変素晴らしかったと思います。今日は初めて使うアプリで「校歌」が配信されたようです。スピーカーマークをクリックすると音声が流れるようになっています。皇居のすぐそばという本校のロケーション、戦後すぐに作られた平和を願う思い、中洲先生の建学の精神等々、由緒のある歌詞と重厚な旋律の素晴らしい校歌です。みんなで声高らかに歌う時がもうすぐやってきます。頑張って覚えてください。

        〈写真:基本中の基本であるオーソドックスな板書授業動画〉

        〈写真:オープニングが(生徒に懐かしい)校舎だったり、ワークシートに映像が張り付いていたり〉

        〈写真:教科書を示したり、質問をオンラインで受け付ける指示があったり〉

        〈写真:新アプリで今日1年生に配信された校歌シート(緑のスピーカーのクリックで曲が聞けます)〉


        カレンダー

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << May 2020 >>

        最新の記事

        カテゴリ一覧

        過去の記事

        コメント一覧

        関連リンク

        二松學舍プロフィール

        ブログ内検索

        RSSリーダーで購読

        mobile

        qrcode