2017.06.28 Wednesday

6/28(水) 18歳選挙権  

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:放送による生徒総会 生徒会長挨拶〉
 朝読書の時間などを利用して「生徒総会」を行いました。全校生徒が集合できるスペースがないため、放送による各クラス方式となります。生徒会長挨拶のあと、H28年度の活動報告、決算報告、H29年度の活動計画、予算案等が説明、提案されました。校舎の構造上質疑応答ができないので、質問は生徒会本部へ直接、各提案事項の承認は後日という段取りです。前向きな生徒会本部役員が、環境を理由にせず可能な方法で生徒会活動をしっかり行っていると思います。1時間目の3学年集会では、地歴公民の先生から18歳選挙権についての話がありました。7月2日に都議選があり、それまでに誕生日が来ている都内在住の3年生は、選挙権を行使することになります。公民としての自治意識を持つためにも、日常的な生徒会活動も大切だと思います。
 昼休みのギター部ホール発表は、珍しく男子生徒の観衆が前列を陣取りました。3年生男子が童謡「象さん」のギターソロ。今までに見たことのないような独特の音楽空間を作り出して、大きな喝さいを浴びていました。もうひとグループは部長・副部長率いる3人ユニット。安定感ある演奏と透明感あふれる歌声でした。

〈写真:珍しく男子が最前列を占めて・・〉

〈写真左:童謡「象さん」 右:YUI「Summer Song」〉

2017.06.27 Tuesday

6/27(火) 東京都選抜選手権大会

1
学舎の窓ー校長室だよりー


<写真:陸上競技部 於:夕暮れの大井陸上競技場>
 高校生の運動系の団体に高体連(高等学校体育連盟)と高野連(高等学校野球連盟)などがあります。高体連の全国大会が高校総体(インターハイとも)、高野連の夏の全国大会が選手権大会(夏の甲子園大会とも)。それぞれ多くの部が、6月から7月が全国大会の地区予選の時期で、3年生にとってそれは敗れれば「引退」となる試合になります。6月も終わりに近づき、多くの部がそうして3年生が引退していきました。結果としてインターハイ出場を勝ち取った部はありませんが、プロセス(過程)として充実し、得るもの多かった部活動であったことと思います。そんな中、運動系で今なお様々な大会向けて3年生が現役を続けている部もあります。東京都高体連の学年別選手権大会への陸上競技部、全国選手権大会(来年正月)へのサッカー部、そして夏の甲子園(選手権大会)への野球部。勉強との両立に苦心しながら、頑張ってください。
 以下、この週末の陸上競技部の大会の様子を顧問の友松先生からの報告です。

 6月24、25日に大井陸上競技場にて、第38回東京都高体連第一支部学年別陸上競技選手権大会が行われました。24日は晴天、25日は1日中雨の中での試合となりましたが、標準記録突破し7月の東京都選抜選手権を目指し合計8名の部員が出場しました。4×100mRでは、個人の特性が一番反映しやすいように走順を変え出場し、自己ベストの43秒75を記録し第7位入賞。また、4×400mRでは、大幅にベストを更新することができ3分28秒15で、第4位に入賞しました。しかし、この2つのリレー。ベストを更新し入賞を果たしたものの、選抜選手権への標準記録をそれぞれ0.25と0.15 オーバーしてしまい、出場を逃してしまいました。0.01を競う陸上競技において、そのタイムの重さを改めて実感しました。
 今回、標準記録を突破した3年塩塚(100m.200m)、岡田(400m)の2名は7月の本戦への出場が決まっています。他の3年4名は、この試合をもって現役引退を致しました。得たことを大事にして、仲間を大事にして、また新たな道を進んでくれることと思います。応援、ありがとうございました。

2017.06.27 Tuesday

6/27(火) 絆

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:“引退試合” 於:府中市民球場〉
 恒例となっている野球部3年生で控え(7月上旬の登録変更まで確定ではありません)となった選手たちの“引退試合”が、放課後、府中市の府中市民球場で足立学園高校との間で行われました。どの選手も、レギュラーとして甲子園出場、を目標に二松学舎野球部に入ってきます。真剣で激しいポジション争いの結果、レギュラーと準レギュラー、控え選手に分かれるのは、勝負の世界の厳しさとして受け入れざるを得ない現実です。しかし、気持ちを一つにして頑張ってきた青春そのものにはレギュラーも控えもありません。よく頑張った、として企画される“引退試合”は、球場に集まっていただいた選手の保護者の皆さまを含め、様々な思いのこもった熱い企画です。私が試合応援のため学校のグランド(柏市)へ顔を出すと、必ずお茶を運んできてくれたあの選手、パイプ椅子の汚れを丁寧にふき取って用意してくれたあの選手、そして試合の合間に黙々とグランド整備をしてくれていたあの選手たち。そんな、時に裏方に回ってくれていた選手たちが、勝敗とは別に、培った力を伸び伸び発揮してグランドを走り回る姿を見ていて、目頭が熱くなる思いでした。悔しさがないわけはないと思います。しかし、素晴らしかった。2年半、よく頑張った。
 球場には、保護者の方や先生方に加え、この選手たちに支えてもらった先輩たちも駆けつけてくれました。もちろん、今春プロ野球選手になったり大学へ進んで野球を続けている選手たちも。二松野球部の底力の源泉を見た気がします。
 高校野球というスポーツは、その瞬間にフィールドにいる9人の選手だけで戦うわけではありません。みんなの力を合わせて戦う二松學舍野球部の夏の挑戦は、これからです。甲子園目指して、頑張っていきましょう。

〈写真左:選手たちのミーティング 右:保護者の方に折っていただいた千羽鶴「絆」〉

〈写真:試合後、3年生の選手、保護者の方一緒になって・・〉

2017.06.26 Monday

6/26(月) 高校生直木賞

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真左:図書室の新刊本 右:芸術科目教科書販売〉
 文学賞には、大衆文学の直木賞、純文学の芥川賞、最近は全国の本屋さんが「売りたい」と思う本屋大賞など色々な賞があります。そんな中、某出版社が後援する「高校生直木賞」が4年前に作られました。直木賞候補作品の中から、エントリーした高校(今年度は21校)で候補作品を絞り、5月に全国大会を行って大賞を選んでいるようです。一出版社の企画ですが、若者の活字離れが言われて久しい中、良い企画だと思います。早速、本校図書室にも今年度高校生直木賞に選ばれた『また、桜の国で』(須賀しのぶ著)とその他の候補作がいくつか入り、新着本として棚に並びました。アンテナ高く新刊本も並ぶ図書室。多くの生徒に利用してほしいですね。
 今週の週訓は「期末考査に向けて計画的に学習しよう」。来週からの考査に向け、読書でリフレッシュしながらも計画的な学習をしましょう。また、昼休みは1年生の芸術科目の教科書代金の支払いがありました。音楽、美術、書道の3科目。それぞれ、異なる金額を直接業者の方に支払いました。芸術科目は、期末考査の前の授業でテストや作品提出が行われるようです。頑張って。

2017.06.24 Saturday

6/24(土) 公開授業

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真左:九段校舎・公開授業 右:柏体育・男子ソフトボール〉
 今日は中学生とその保護者の方を対象とした授業公開日。この時期のこうした授業公開は今年度初の取組みでした。お陰様でたくさんの受験生と保護者の方の来校があり、また同時開催した入試相談会にもお出で頂きました。お書き頂いたアンケート。休み時間に本校の生徒が挨拶をしてくれて良かった。生徒が真剣に授業を受けていた。夏の学校体験会に参加します。次は子供と学園祭に伺います、など前向きな感想をたくさん頂きました。ありがとうございました。本校の教育や生徒の普通の姿を見ていただく機会として、7月22日(土)には学校体験会を企画しています。HPより入っていただき、予約制になっております。是非お出で頂けますようよろしくお願いいたします。
 1,2年生は九段校舎で授業公開しながらの通常授業。一方、3年生は柏体育。今日は男子がソフトボール、女子がサッカーという試合制で汗を流しました。男女とも、一生懸命ボールに向かう姿が爽やかでした。柏体育も3年生はあと数回。思い切って楽しみましょう。

〈写真:女子:サッカー〉

〈写真:男子:ソフトボール〉


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最新の記事

カテゴリ一覧

過去の記事

コメント一覧

関連リンク

二松學舍プロフィール

ブログ内検索

RSSリーダーで購読

mobile

qrcode