2018.10.23 Tuesday

10/23(火) 冬服準備

0
    学舎の窓ー校長室だよりー


    <写真:昼休みの制服アフターサービス 於:ホール>
     今日はほぼ隔週で昼休みに行っている制服アフターサービスの日。業者の方においでいただいて、新規購入品や直し等の相談を行ってもらっています。あと一週間ほどで11月。制服は移行期間が終わって冬服となります。今日はセーターやPコートなどの注文が多かったように思います。朝晩めっきり冷え込むようになりました。いよいよ秋も深まり冬服準備の候となりました。

    2018.10.22 Monday

    10/22(月) テニス部男子 3回戦進出

    1
    学舎の窓ー校長室だよりー


    〈写真:男子テニス部〉
     週末の部活の大会報告。テニス部は男女とも私立中高大会。男子は数十年ぶりの3回戦進出! 女子は惜しくも1回戦敗退でしたが、1時間に及ぶ熱戦を粘り強く戦うなど今後につながる試合とすることが出来たようです。大いに期待したいと思います。以下、男子は車田先生、女子は古舘先生からの写真と報告です。

    【テニス部】
     10月21日、東京都私立中高テニス選手権大会(団体戦)が開催されました。本校は男女それぞれ1チームずつ出場しました。この大会は、ダブルス3試合・シングルス2試合で構成される対抗団体戦で、先に3勝したチームが勝者となります。
    【男子】
     1回戦は文教大学付属中高Bチームでしたが、ダブルスで3勝し、シングルスの結果を待たず、勝利を納めました。2回戦は会場校の大成高校Cチームです。会場校ということもあり、苦戦が予想されましたが、ダブルスで2勝・シングルスで1勝を挙げ、見事に2回戦を突破しました。3回戦は成蹊中学と対戦しました。都内有数の強豪校である成蹊高校の附属中学ということもあり、先に本校2年生ペアのダブルスを2本取られ、苦しい状況に追い込まれてしまいました。しかしダブルス3の本校1年生ペアが粘り強いプレーを心掛け、1時間かけて3-3の互角の戦いを繰り広げる中、残りのシングルス2本が同時進行されていきます。特に本校エースが戦ったシングルス2は見ごたえ十分の内容で、1-5から4-5まで追い上げていきます。ただ最後は相手校のエースの地力が勝り、惜しくも4-6で振り切られ、本校の敗退が決まってしまいました。  私学大会で本校男子が3回戦に進出したのは、顧問の私が在学生の時以来で、25年振りのことです。中間考査終了直後でありながら、選手8人(2年生6人・1年生2人)は良く頑張ってくれました。次は年末年始の私学大会の個人戦です。今日の悔しさをバネに、より一層、練習に励んでいきたいと思います。
    【女子】
     1回戦の対戦相手は大妻多摩中高Aチームでした。結果は1勝4敗で初戦敗退となりました。今回初めて団体戦を経験するメンバーも多く、緊張状態から抜け出せないまま、試合が終わってしまったという印象を受けました。そのような中で勝利を納めた1戦は2年生のシングルスです。7-5というゲーム数で長時間に及びましたが、それを制した粘りのあるプレーは後輩たちに力を与えてくれました。今回の試合を通して、サーブの精度を高めること、ハードコートであってもボールに追いつく脚力を付けることなど、個々に課題を見つけることができました。次に迎える大会に向けて、課題の克服に力を注いでいきます。

    〈写真:女子テニス部〉

    2018.10.21 Sunday

    10/21(日) 進学相談会

    1
    学舎の窓ー校長室だよりー


    〈写真:相談会 本校ブース 於:池袋サンシャインシティ〉
     快晴の日曜日。男子バスケットボール部は都立桜修館高校にて新人大会一回戦。都立園芸高校と対戦し、70対76で勝利しました。選手に初心者が多い中、よく頑張りました。次の二回戦に向け、そしてさらに上を目指して、一層心技体を鍛えてください。
     一方、学校としては池袋サンシャインシティで行われた「進学相談会」に参加しました。夏の有楽町・国際フォーラムの相談会に続く大規模な相談会です。今日の参加校は約200。昨年は台風直撃の中でしたが、快晴の今年は天の恵みもあり大盛況でした。本校も昨年を上回る相談者数となりました。ありがとうございました。「心を育て 学力を伸ばす」二松學舍附属高等学校。ぜひ多くの方に本校の教育コンセプトに共感していただき、ご縁がありますこと、心よりお祈り申し上げます。

    〈写真:池袋進学相談会〉

    2018.10.20 Saturday

    10/20(土) 野球部 来春の捲土重来を

    1
    学舎の窓ー校長室だよりー


    〈写真:秋季東京都高等学校野球大会本大会3回戦 於:八王子市上柚木球場〉
     秋季東京都高等学校野球大会本大会3回戦。今日は八王子市上柚木球場にて、東海大菅生高校との“決戦”。今大会の重要な一戦でした。結果は、残念ながら1−2の惜敗となりました。打ちまくって勝ち上がってきた両チームですが、両校の主戦投手の出来が良く、今日は投手戦になりました。中盤まで、四球やエラー、あるいは一発(本塁打)による得点が勝敗の分かれ目かと思われるほど、淡々と早い展開で試合は進みました。そんな中、二松学舎は6回にチャンスを作り内野ゴロの間に先制の1点。しかし、さすがの菅生高校。7回に連打で2点を返し逆転。その後両投手(二松はリリーフの投手も)が踏ん張り、試合はそのまま1−2で菅生高校の勝利に。残念ながら1点差の敗戦となりました。
     今チームは、予選から本大会の4試合をすべてコールドゲームで勝ち上がり、圧倒的な力強さを示してきました。そして今日の一戦。難しいことはわかりませんが、今日のような1点を争うゲームで勝ち切るための経験を積めたことは、今後に大いにつながるように思います。勝負は時の運もあります。真剣な悔しさほど練習のモティベーションをあげるものはありません。来春の捲土重来を大いに期待しています。大会全体を通じて、素晴らしい戦いぶりでした。よく頑張った。
     中間考査が終わり今日は応援3部や野球部3年生も参加してのスタンドから力一杯の応援。また、保護者の皆様、保護者OB(G)の皆様、そして二松学舎を応援していただける皆様。熱い応援は選手たちを力づけてくれました。ちょっと先ですが、来春またスタンドでお会いできればと思います。本日は本当にありがとうございました。

    2018.10.19 Friday

    10/19(金) 中間考査最終日

    1
    学舎の窓ー校長室だよりー


    <写真: 本校の「Future Class Room」>
     考査最終日。今日は全学年とも12時頃まで、2年特進・理系と3年理系の各クラスは12時半近くまで。すべて無事終了しました。生徒について先生方から、よく勉強しているという評価と、やっていない、甘く見ているという相反する評価を聞きます。当たり前ですが、個人差があります。どの生徒も、勉強する習慣が身に付いたり、あるいは頑張った結果勉強がわかってくる嬉しさを知ったり、その域まで達っして欲しいと思います。とりあえず中間考査は終わりました。明日は1年前半組(A〜E組)は柏体育、野球部は12:30から強敵・東海大菅生高校と都大会3回戦です。切り替えてまた頑張って行きましょう。
     生徒が試験を受けている午前、「全私学新聞」という新聞社の取材を受けました。本校が今年PC教室を大改修して設置した未来型システムルームを、他の私学の教育の質の向上に結び付けるために取材したいということでした。このルームは、総務省の「フューチャースクール推進事業」を受けた設置業者が、「Future Class Room」と名付けた最先端の未来型システムルームです。本校もまだ半年の使用実績ですが、その素晴らしい機能を生かすため使い方をどんどん充実させていきたいと考えています。新聞は11月中旬発行予定ということでした。

    <写真:カメラも設置して、外国のネイティブとon-line英会話中>

    <写真:大画面使用は、生徒の学習モティベーションを高めます ※写真はすべて再掲載のものです>


    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    最新の記事

    カテゴリ一覧

    過去の記事

    コメント一覧

    関連リンク

    二松學舍プロフィール

    ブログ内検索

    RSSリーダーで購読

    mobile

    qrcode