2016.08.26 Friday

8/26(金) 夏休み終盤

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:女子バレー部〉
 早いもので夏休みも残すところあと6日となりました。1年勉強合宿は3日目。校内での部活動は女子バレー部、ギター部、吹奏楽部等が活動していました。それぞれ、よく頑張っていました。

〈写真:ギター部〉

 一足早く終了した2年生の勉強合宿。参加53名の全感想文を今日改めて学校でじっくり目を通しました。みんな大きな手応えを得た良い経験だったようです。象徴的な感想文の一つ。「私は嫌々この勉強合宿の日を迎えることになりました」で始まり、「大学入試の問題ばかりで、わからないのがつらくてたまりませんでした」が2日目で、3日目は「重圧に負けずに挑んだことでまた一つ成長することができたと思います」に変わり、最後は「この合宿で得たものをこの先の勉強に活かしていきたい」と結ばれています。大事なことは、一過性の頑張り・熱気に終わらせず、継続は力なりと日常的に続けていくことです。頑張って。以下、読んでいて心に残ったフレーズをいくつか・・
 ・こんなに勉強したのは私の人生で初めてだったと思います。 ・今後の2学期は、この(合宿で)得たものをどう生かしていくかにかかっている。 ・集中がなくなってきても周りの友達を見てもう一度やる気になれた。 ・ともに頑張る友達がいたり、夜遅くまで教えてくれる先生がいたりと、とても勉強したくなるような環境でした。 ・よく考えて答えにたどり着いたとき気持ちがよくて問題を解けることが嬉しくなりました。 ・この勉強合宿を通し、自分がいかにばかだったかを知りました。 ・数学のグループワークは、チームでそれぞれのアイデアを話し合って一つの問題にもいろんな解き方があって、ひらめきとか発想とか一人で解くよりも楽しかった。 ・勉強合宿はスマホもテレビもない環境なのでとても集中することができました。 ・つらくて仕方ありませんでしたが、これを乗り越えた後には心も強くなり、自信が持てました。 ・今回自分でも驚いたことがありました。それは、授業の内容をよりよく理解したいという気持ちと、もっと勉強したいという気持ちがあったことです。 ・選択科目英語の時、プリントを47枚やりました。2時間で終わらせることができました。 ・勉強合宿でよい勉強法を教わることができたので、家に帰ってからは教わった勉強法を試してみたい。 ・始まる前はこの合宿を強制収容所といって嫌がっていたが今はそうは思わない。 ・毎授業ごとに行われるテストとそれによって出る順位は僕に改めて努力と結果は比例することを再認識させてくれた。 ・この4日間を通して私は得意・不得意を見つけられたことが一番の成果だ。 ・自分は4日間も勉強し続けることができた。 ・今回の勉強合宿を通して少し変われた気がします。 ・先生方が夜遅くまでプリントの添削をしているのを見て、先生あっての合宿だなと思いました。
 本当にお疲れ様。そして、2学期の教室で、勉強合宿経験者の頑張りがみんなの牽引役となることを心から期待します。

2016.08.25 Thursday

8/25(木)  朝テスト

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:集中 ー朝テストー〉
 1年生の勉強合宿も2日目。朝食前の朝テストから一日が始まりました。昨日の英数国3教科の授業の振り返りテストです。30分。朝の頭すっきり感もあるし、成績が張り出されるモティべーションもあり、ものすごい集中力で頑張ってました。みんなが、とことんやる体験から自信を掴んで欲しいと思います。

〈写真左:朝テスト  右:朝テスト用紙〉

 勉強合宿中のホテルのある野田市と本校の野球グランドのある柏市は隣町。ホテルを出て、野球部の練習試合を応援に行ってみました。群馬県と埼玉県の高校との3校による変則ダブルヘッダー。勝敗は1勝1敗でした。夏の甲子園大会が終わったばかりですが、早くも秋の東京都大会の組み合わせ抽選が今週土曜日に迫ってきました。新チーム結成約1ヵ月。しっかりとみんなでレギュラー争いをしているようです。チーム内で鎬(しのぎ)を削り、その上で相手校に立ち向かう一層強いチームに成長することを願っています。また、今日は引退した3年生が全員集合して、試合の補助やグランド整備、草抜きなど自主的に後輩の環境整備をしてくれていました。素晴らしい高校球児達だとつくづく思います。全員、挑戦していく進路の方向も決まったようです。頑張って。

〈写真:野球部練習試合〉

2016.08.24 Wednesday

8/24(水) 1学年勉強合宿

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:1時間目の復習小テスト〉
 昨日終了した2年生に続き、今日から1年生の勉強合宿が始まりました。同じホテルで、参加人数は2年生とほぼ同じ56名。おおよその日程も2年生と同じですが、朝食前にまず7時から朝テストがあるなど多少の違いはあります。朝すぐにテストというのは、気合いが入りそうです。日程をこなし夜12時の自習まで全て頑張ると、3泊4日で42時間勉強することになります。ここで身につく実力とともに、とことんやる、頑張る仲間を知る、という自分の可能性が広がる素晴らしい体験になることを期待しています。実際昨日終了した2年生はそうでした。
 10時過ぎの開校式に続き10時半から早速1時間目。頑張ろうとする意気込みが感じられ、良いスタートを切りました。4日間、頑張って行こう。

〈写真上左:開校式  上右:授業  下左:小テスト  下右:ホテルの臨時職員室〉

〈写真左:昼食  右:夕食。今日の配膳は男子の番〉

2016.08.23 Tuesday

8/23(火) サプライズ

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:閉校式にて(明るさが足りなかったのは、カメラマン・私の未熟さです・・〉
 ホテルで缶詰になりながら、3泊4日で実施してきた2年生の勉強合宿が今日終わりました。閉校式では、(疲れているはずなのに)やりきった感あふれる生徒の明るい笑顔が印象的でした。みんなよく頑張りました。最後に書いてもらった感想文等を読むと、その充実ぶり、手応え、自分への自信、頑張る仲間との連帯感等々が率直に伝わってきて、素晴らしい体験になったと実感します。先生方にお聞きしても、日を追うごとに集中力や団体戦的な雰囲気が増してきたということでした。新たな自分を発見できた生徒が多かったのではないでしょうか。
 閉校式前に、4日間実施した小テストを集計して、英国数の教科ごとと総合の上位者の表彰式を行いました。また、結果のふるわなかった生徒も特別賞として奮起を促す表彰をしました。どちらも、みんなの温かい拍手で盛り上がり、成績の良い悪いではなくみんなで頑張ったという仲間意識にあふれた明るい表彰式となりました。
 また、表彰式の最後に先生方の温かい思いがこもったサプライズがありました。司会の先生の「この合宿中誕生日を迎えた人がいます!」で始まり、まさにこの合宿中に17歳になった一人の女子生徒へ思いがけない先生方からの誕生プレゼント。聞けば、英語の課題の中で誕生日を知るという即興のアイデアの賜物だったそうです。みんなで手拍子とともにハッピーバースデーの歌を歌って誕生日をお祝いしました。生徒にとって忘れられない誕生日になったかと想像します。お祝いするみんなでほっこりと温かい気持ちになる素晴らしいサプライズでした。附属高校ならではのアットホームさだと思います。
 さて、生徒諸君には今回の経験を一過性のものにすることなく、自分の力と自信にして継続して頑張っていって欲しいと思います。お疲れ様。そして、先生方本当にありがとうございました。

〈写真左:閉校式  右:表彰式〉

〈写真左:お疲れ様   右:快適に過ごさせていただきました〉
〈写真:お茶目な先生方でした〉

2016.08.23 Tuesday

8/22(月)  歓迎回来

1
学舎の窓ー校長室だよりー


〈写真:台風通過後 無事帰国〉
 台風9号が通り過ぎた午後8時頃、6泊7日の日程で台湾に行っていた台湾中国語学研修の一行が無事帰国しました。歓迎回来(おかえりなさい)。今年度は附属高校と附属柏高校を合わせて参加者4名と少ない人数での実施となりましたが、参加生徒はそれぞれ得難い体験・経験をしてきたようです。それを今後に大いに生かしてください。お疲れ様でした。以下、羽田空港まで迎えに行ってくれた副校長からの写真とレポートを転載します。
 台風の影響が心配されましたが、飛行機は20時07分と予定より12分遅れで羽田に到着しました。お迎えの保護者の方々と到着出口から現れるのを待っていると、添乗員さんの後ろから笑顔で4人が登場。充実した研修を確信しました。集合し、添乗員さんのお話の後、自然にありがとうございました、と4人の声。集合写真撮影の後、感想を聞くと北京へも行ったことのある1人は、台湾の人は温かく、話しかけやすかった、と。また別の1人は、修学旅行でも行くので、今度はみんなに案内をすると。もう1人は、中国文化大学での語学学習と大学の雰囲気がとても良かったと。最後の1人は、中国文化大学に留学したいと。それぞれ楽しかった事を表現してくれました。期間中、暑すぎる事もなく天候にも恵まれ、また公共の交通機関を利用した事もあり、台湾の雰囲気を直接肌で感じる事が出来ました。そして夜は午前の研修で与えられた課題をお互いに相談しながら解決していたので、結束力も強くなりお互いに良い友人になれ、本当に充実した語学研修になったと話してくれました。無事に6泊7日の語学研修を終え、21時過ぎに解散しました。この貴重な経験を今後の学校生活や進路に向けて活かしてくれることでしょう。添乗員さん、引率の附属柏中高校の古子教諭、4人の皆さんお疲れ様でした。またお迎えの保護者の皆様、ありがとうございました。
Check


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

最新の記事

カテゴリ一覧

過去の記事

コメント一覧

関連リンク

二松學舍プロフィール

ブログ内検索

RSSリーダーで購読

mobile

qrcode